フリースクールと通信制高校の教育差

小学校における英語教育の内容 不登校は、多様化する社会の中では、むしろ肯定的にとらえたほうが良い現象かもしれません。現在の社会は、非常に複雑かつ多様化している為、もう誰にも社会を広く知ることはできません。生産社会の中で、非常に優れた結果を出している方は、「人と違った何か」を持っていることがほとんどです。不登校の良い面は、まさに一般的ではない輝かしい才能を秘めている可能性があることです。

しかし、才能があったとしても磨かれなければ開花しません。また、集団からまったく外れた一人だけの世界にとじこもることは、よほどの才能を持っていない限り、良い結果を生み出しません。高校生の場合、フリースクールもしくは通信制高校という選択ができますが、フリースクールは教育機関というより、一種の避難所と考えたほうが良いでしょう。通信制高校は、専門学校・大学教育に復帰することを目的としている方が、圧倒的に多く見られます。

大学への進学意欲が明確である場合は、フリースクールを利用するより、通信制高校のほうが良いでしょう。しかし、漠然としている場合は、フリースクールへの通学のほうが良いでしょう。フリースクールでは、自由な時間を持つことができますし、ひとり一人の個性を見つける方向で指導してくれます。自分を再発見してから大学受験資格を得たほうが、長期的には良い結果が得られるでしょう。社会は、学生時代の狭い付き合いとはまるで異なり、様々な個性を必要としている世界であることを教えてあげることが、大きな心の救いになる場合もあります。
Copyright (C)2018小学校における英語教育の内容.All rights reserved.